ご当地グルメ

沖縄に行く旅行客の最も大きな楽しみとして、その豊富な料理があげられます。
沖縄料理は亜熱帯の気候と、日本・中国の間に位置しているということからその両方の影響を受けたものだと言われています。
王国で発展した宮廷料理、大衆の中で受け継がれていった庶民の料理に分けられますが、訪れた際はどちらも試してみる価値があるといえるでしょう。
沖縄料理の特徴として一つ目に、豚肉料理が多いことがあげられます。
高温多湿な気候と飼料が豚の養育に適しており、お土産でも喜ばれるミミガー・てびちからはじまりラフテーなど、様々な豚肉料理を楽しむことができます。
また、山羊の肉も滋養が高いとされ重宝されています。

豆腐は汁物、揚げ物や炒め物など様々な料理に利用され、昔貧しかった家庭でも豆腐のおかげで高い栄養価を得ることができたと言われています。
なかでもジーマーミー豆腐は沖縄ならではの食材で人気のあるものとなりますが、こちらは落花生を原料としており、法事や祝事等で用いられることが多いようです。
また、原料が通常と異なるものとして沖縄蕎麦があります。通常はそば粉を使いますが、小麦粉から作られているため独特の風味を持ち合わせています。
こちらにラフテーやソーキなどをのせて頂くのが人気の食べ方です。
日差しが強いためどのような植物も良く育ちそうではありますが、野菜類は育ちすぎて固くなりがちであるといわれています。
味も苦味のあるものが多く、代表的なものとしてゴーヤーがあげられます。
ビタミンも豊富であることから、他の地域でも注目を集めるようになりましたが、昔から現地では夏バテ防止の食べ物として食事に取り入れられてきました。
果物はバナナ、マンゴー、パイナップル等の南国フルーツが一般的ですが、沖縄県民のおやつとして代表的なものにちんすこう、サーターアンダギーがあります。
これらは沖縄旅行を楽しんだ人々の中での定番土産となっており、様々なフレーバーのものが販売され多くの人に喜ばれています。

更新情報